生命保険の特徴

生命保険というのは、自分が生きている間にはその恩恵にあずかることができない、特殊な保険です。
自分が亡くなって初めて、その効果を発揮することになるためです。
では、何故自分が亡くなった後に効果を発揮することになる生命保険が必要となるのでしょうか。
まず重要なポイントとなるのが、自分の経済力に依存して生活をしている人がいるかどうか、ということです。
例えば結婚を機に専業主婦になった妻がいる場合、自分が亡くなると収入がなくなってしまいます。
当然、専業主婦から就職をしたとしても、今の自分と同等の収入を得ることは難しいでしょう。
そういった問題を解決するためにお金を残す必要があるわけです。
また、子供も大きなポイントとなります。
子供は伴侶以上に自分の収入に依存しています。
子供に不自由なく進路を選んでもらうためにも、お金を残す事が必要になるでしょう。

このように、生命保険においては「誰にお金を残すのか」ということが主軸となっています。
そのため、生命保険の契約を考える場合には「受取人」を誰にするのかをよく考えなければなりません。
では、誰を受取人として設定するのが一般的なのでしょうか。
そもそも生命保険の受取人として設定することができるのは、「二親等以内の血族」です。
赤の他人に対して生命保険の受取人を設定することは基本的にできません。
ただし、これらの範囲内に親族が居ない場合に限って、遠縁を指定できるようになっている保険会社もあります。



◎推奨外部リンク
家族や子供のための生命保険の見直しができるサイトです ・・・ 保険 見直し